教育体制

教育システム

 新卒、既卒、長期ブランク、精神科が初めて等、どのような段階の方でも、安心して勤務できるよう
丁寧に支援していきたいと考えます。
 院内研修は業務時間内に設定し、研修のための残業や休日出勤はありません。

院内研修プログラム

 教育委員会が企画する毎月の院内研修に加えて、グループ病院からの研修医の講義も研修として
 毎月プログラムされています。(精神科のみならず広く各科・多分野の学習が可能)

 

  教育委員会企画院内研修
2019年度
研修医講義
2019年度
4月   「けいれん」
5月 医療機器研修(SP0²測定器) 「熱中症」
6月 感染防止対策➀(手指衛生) 「皮疹の見方」
7月 医療安全➀ (静脈血栓症) 「頭痛」
8月 慢性便秘治療薬(持田製薬) 「脳卒中」
9月 防災(火災対策) 「電気けいれん療法」
10月 医療人としての接遇  「褥瘡」
11月 転倒転落予防の看護 「女性のメンタルヘルス」
12月 医療安全②(医療安全総論) 「BLS」
1月 行動制限最小化 「発達障害」
2月 感染防止対策➁
(冬季感染症防止)
 
3月 院内研究発表会  



院内のスタッフによる技術指導の研修も実施しています.

休みのため研修参加が難しい場合なども動画などを利用して学びを深めます.

院外研修について

教育委員長より


 当院の教育委員会では「精神科看護の専門性を高め、安心と信頼が得られる看護を提供する」という看護部の理念をもとに、他委員会とも共同しながら研修の企画・運営・看護研究のサポート等を行っています。また、院外の研修にも職員の希望をもとに積極的に参加して頂き、自身のキャリアアップをサポートする環境を整えています。これからも、精神科看護の専門性を学べる企画に取組み、時代の潮流に乗った看護サービスに必要な知識・技術・態度を養い、患者様のニーズに対応した、心に届く看護を提供すべく精力的に活動していきます。


(日野病院 教育委員長)

研修参加者の学びの声

精神科に転職して一年未満ですが、院内研修で行動動制限最小化について学び、精神保健福祉法という法律に基づいて実施されていることがわかりました。患者様への正しい処遇について改めて考える機会となり良かったです。

看護師 O.S 入職1年目

毎月の院内研修と研修医の先生による講義は、時間管理のもと業務時間内に行われており、研修による残業も発生せず、安心して学ぶことができます。内容もバラエティーに富み楽しみです。

看護助手 H.M 入職3年目

新人教育スケジュール